在籍確認カードローン 会社電話連絡なしでキャッシングしたい 無金利でお金借りるなら

消費者金融カードローンで在籍確認が不安な方なら大手キャッシングがおすすめ

 

 

プロミスは、在籍確認はありますが職場への電話なしでお金を借りれる金融機関です。

 

ネット審査申し込み時に、電話なしと伝えてください。
※電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにプロミスのオペレーターに相談ください。

 

・実質年率 4.5−17.8%
・利用額 1万円〜500万円
・30日間無利息 
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
・スマホから申込み可能
・主婦、パート・アルバイト、学生の方も平日14時までに契約完了で即日融資も可能
・20〜69歳までの安定収入のある方

 

最低返済金額で比較するとモビットよりもプロミスがオススメでです。

 

 

↓女性オペレーター完全対応 プロミスレディースキャッシング

 

 

 

最近、人気急上昇中の消費者金融がモビットです。

 

モビットは、担保保証人なしでお金を借りることができ

 

WEB完結であれば、書類で審査が完了。

 

職場連絡なしでお金を借りることができます。

 

年利3.0〜18.0% 
※他消費者金融と比べて、年利の安さが魅力

 

アルバイト、パート収入ある主婦や学生もお金を借りれます。
(安定した収入のある方)

 

1万円から限度額最大800万円 

 

10秒簡易審査
当日振込(即日融資)には、14:50までに審査&振込み手続き完了すれば可
※14:50までの振込手続完了が必要です。
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

モビットをおすすめする理由は、

 

モビットWEB完結

 

東京三菱UFJか三井住友銀行の口座をお持ちなら、

 

職場電話確認なし、モビットの封筒なし、モビットからのメールなしというサービスがモビットWEB完結です。

 

↓モビットで今すぐキャッシング
モビット

 

 

 

アイフルは大手消費者金融の中でも

 

スピード、シンプル、シークレットがモットーのサービス

 

安心感があるとユーザーから高い評価を得ています。

 

在籍確認も書類で対応可能なので、

 

職場連絡なしと希望すれば、会社に電話なしで在籍確認可能です。

 

職場や家族にばれずに今日中にお金を借りたい方は

 

アイフルの審査に申し込んでみてください。

 

アイフル詳細情報
・金利 4.5−18.0%
・利用額 1万円から500万円まで
・ネット、スマホから申し込み可能
・最短30分で審査完了

 

 

 

 

・アコムは初めての借り入れで初回金利30日無利息サービス
・融資額1万円〜800万円まで 
・アコムの金利 3.0%〜18.0% ※キャッシング利用時、10.0%〜14.6% ※ショッピング利用時
・スマホ、PCからネットで契約まで完了するので来店不要
・たった3項目の入力で借り入れ可能かわかる3秒診断
・即日振込可能
・24時間ネット、ATMからお金借り入れ、返済が可能なのでとても使いやすい
※アコムオペレーターに相談をしたら、勤務先への連絡をなくせる可能性があります。

 

 

 

在籍確認カードローン 会社電話連絡なしでキャッシングしたい 無金利でお金借りるなら

 

在籍確認はどの金融機関でも必ずありますので、選択をしっかりすることが必要です。

 

ただ本当に限られているのが現状ですので、在籍確認をされるのが嫌であれば、そのような体制を敷いている金融機関を選んでください。

 

ひとつはっきりしているのは一部の消費者金融です。いままでの金融に関する情報にくもりがないような良質な顧客になってくれそうな人には、在籍確認なしで融資が実行されることがあります。

 

ただし完全にそうなるとは限りません。少しでも金融機関側が必要と感じた場合は、ためらいもなく掛けてくることも考えられますので、油断しないようにしましょう。

 

あくまでも一部の金融機関にそのようなシステムを敷いているところがあると、とらえることが必要です。

 

なぜ在籍確認が必要であるのかを知ることによって、必然的に必要な審査であることが理解できるでしょう。現在の金融機関というのはスピードがものを言います。

 

即日融資は当たり前で、審査の時間も短時間であることがほとんどです。そのため収入のチェックを怠っていることが多いです。

 

融資を希望している人が行う自己申告によって収入の金額が書かれることから、金融機関としてはそれを信じるしかありません。

 

そのチェック体制としてあるのが、在籍しているかの確認になります。これをすることによって、しっかりと会社に勤めていることを確認し、安定した収入があることをチェックしています。

 

現状の金融機関によるサービスから、即日融資は必須であり、だからこそ時間短縮のために収入の確認を行っておらず、在籍確認でそれをチェックしていると考えてください。

 

そうみると審査の一環として必要であることがわかるでしょう。金融機関にとって見れば、絶対に欠かすことができない融資に向けた審査の一環として見ることができます。

 

だからこそ金融機関は自己申告で書かれた職場に電話連絡をして、収入の有無を確認していることになります。

 

いわば重要な審査の一環になることから、これがなくなるようなことは考えられません。

 

一部の消費者金融では属性によってしていないこともありますが、ほとんどの場合必ずと言っていいほど行っていますので、

 

確認なしでお金を借りることができるところを探すのは難しいといえるでしょう。

 

しかも金融庁は改革に乗り気です。即日融資の廃止、また銀行だけに該当していない収入の3分の1以上を借りることができない総量規制の撤廃にやる気になっています。

 

勤めている会社の在籍を確認する方法と遠縁になる即日融資に関しては、反社会勢力を排除するために特に力を入れていることから、今後即日融資がなくなることも考えられます。

 

そうなると収入証明書でチェックをする方が金融機関にとっても合理的であり、会社に電話が来ることを嫌がることで融資を受けるのをためらっているような人にとってもメリットがあるでしょう。

 

しかしこれから検討に入ることから、まだどうなるのかまではわかっていません。よって現在、在籍確認を嫌がる人たちにとって、合理的な回避方法について知っておくことをおすすめします。

 

まずひとつは、そこまで嫌がらないことです。銀行になれば行名を名乗り、消費者金融になれば個人名で掛けてきます。

 

銀行であればそこまで不審がられるようなことはありませんが、個人名で電話が掛かってくるようなことはあまりないことから、ほとんどお金を借りるための在籍確認であることが推測されてしまいます。

 

それを嫌がるからこそ、金融機関でお金を借りたくない人たちが多いです。

 

ただほんの一瞬になることから、すぐ済みます。そしてお金を借りることは悪いことではありません。

 

そこまで不安がる必要もないことから、心構えをしっかりすることによって、乗り越えることができるでしょう。

 

またこんな方法も会社に掛かってくる電話をとめることができます。申込をする会社に交渉をするのです。

 

会社に電話連絡をされると困ることを告げましょう。

 

個人情報の観点から従業員の在籍を電話口で教えることができない会社も増えていることから、この言い訳は活用することができます。

 

そうすることによって、他の方法で会社に在籍していることの確認をすることができるでしょう。

 

その方法になるのが、収入証明書になります。納税証明書や給与明細を提出することによって、在籍の有無を確認することができますので、金融機関にとってはそちらの方が嬉しい確認を方法です。

 

しかも収入の額までチェックすることができますので、融資金額が増えることも予想されます。

 

意外と利用者にとってもメリットが大きい回避方法です。

 

会社に電話を掛けられると恥ずかしい、もしくは困る人もいるでしょう。

 

そんなときにこそ、使える在籍の確認を回避する方法になります。

 

こちらから積極的に関与をしなければ行うことができない方法ですので、

 

自らその回避方法を使って、申し込みをする金融機関と交渉をして会社に掛かってくる電話を回避しましょう。

 

在籍確認なしカードローン

 

在籍確認はカードローン審査である?

 

カードローン電話なし

 

 

利便性のメリットがある消費者金融のキャッシング

キャッシング会社から融資を受けたい場合、銀行から借りる方法と、消費者金融会社を利用する方法があります。自分が求めるキャッシング条件にどちらか合致しているかを考えて、どの金融会社を利用したらいいかを決めるといいでしょう。消費者金融会社は融資がおりやすく、申し込みもしやすいですが、銀行のほうは条件に合わないと借り入れができないということがあります。

 

一部の限られた地域でないと、利用できない銀行も数多くあります。借り入れを希望していても、今いる場所からでは借りられないという銀行もありますので、注意が必要になります。銀行のキャッシングを利用したい場合、借り入れ可能な地域を把握しておいたほうがいいでしょう。

 

これに対して、消費者金融会社のキャッシングサービスなら、どの地域からでも利用できるというものがほとんどです。利用可能なATMがたくさんあることも、消費者金融会社のいいところであり、銀行とは違って地域を気にせずに利用することができます。

 

どこに住んでいる人でも、消費者金融系のATMなら最寄りにあるでしょうから、借り入れで不便することはありません。このように地域に関する利便性がある訳ですが、それに加えて時間に関するメリットもあります。

 

営業時間帯が短いことが銀行系キャッシングのネックになっていますが、それに対して消費者金融系は時間の制約が緩いことが特徴です。平日日中は自由にできる時間がほとんどないという人でも、消費者金融系なら自分に都合のいい時間に利用できます。

 

融資の早さにメリットがある消費者金融のキャッシング

不測の事態が発生して、急ぎキャッシングの申し込みをしたという人は意外と多いようです。即日に融資を受けるためにキャッシングの申し込みをしているという人もよく見かけます。なぜお金がいるかは個々人の状況で違っていますが、現金がない時に借り入れができるキャッシングは嬉しい存在です。

 

消費者金融会社の融資は、早いことがとりえなので、急ぎお金を借り入れたい人に向いています。

 

消費者金融会社のキャッシングサービスは申し込み手続きが簡単で、スピーディな審査を受けることができます。審査に費やす時間は金融会社によって違っていますが、銀行の審査は数日かかってしまうことが珍しくありません。申し込み日から融資まで数日かかっても構わない場合は銀行でもいいですが、急ぐ時には消費者金融会社が向いています。

 

消費者金融のによるキャッシングの場合は、当日中に借りれるケースも多く、大きなメリットと言えます。申し込みから融資を受けるまでの待ち時間が数十分でいいというキャッシング会社もありますので、早さは抜群です。この頃は、銀行も申し込み日当日の振りこみに対応するところもありますが、それでも数時間は待つ必要があります。

 

申し込みから融資まで時間がかからないことは、消費者金融会社の大きな強みになっています。スピード重視の消費者金融でも、手続き用の書類を出した時間帯が遅くなればなるほど、当日の貸しつけが難しくなることがあります。

 

 

消費者金融でキャッシングをする場合の特徴

キャッシングが可能な金融機関としては、銀行と消費者金融があり、それぞれ特徴があります。毎月、コンスタントに収入が入る状況にいる人でなければ、キャッシングの審査で断られる可能性があります。貸金業に関しては総量規制という法律がありますが、消費者金融会社はこの総量規制があてはまるので、申し込みには注意が必要です。

 

返済不能リスクを回避するために、お金を貸す時には、その人の年収の1/3を超えないようにするという法律かあり、これが総量規制です。そのため自分に収入がない専業主婦などは消費者金融ではキャッシングする事が不可能となっています。

 

消費者金融会社のキャッシングは総量規制の対象であり、銀行とは違って個人の信用を担保にお金を貸していることともかかわっています。金利や審査方法、借入返済方法は各々の業者によって異なっており、最近では無利息期間の実施など独自のサービスを提供する業者も増えてきました。

 

どの金融機関からお金を借りると自分にとって都合がいいのか、各金融会社の貸し付け条件や金利を比較して、使いやすいところを選ぶといいでしょう。最終的な返済総額が、借り入れた金融会社によって異なるという可能性も少なからず存在します。

 

お金を借りたら、決まった日までに返さなければいけないことは、キャッシングでも同じことです。返済が滞ってしまうと、新しくキャッシングやローンの申し込みが出来なくなるなどの悪影響が出る可能性もあるので注意しましょう。

 

もしも、消費者金融会社のキャッシングサービスを利用するつもりなら、規定通りの借り方や返し方をするほうが、結果的には便利にサービスを使えます。